物憂げblog

書き溜めたので閉店

君の名は。○○○


「君の名は。」予告

 

大衆向けのやつがはまらないと落ち込むんだけど、はまってよかったです。
劇場でアニメ映画見たの久々だなぁ。連れて行ってくれる人が居ないと、腰が上がらなかったかも。大ヒットの力って凄いですね。

いつからといえば、確実にあの日から。
あの日以前に戻りたいと思っていました。
でもそう思うこと感じることは、大人になる中で不謹慎なものだと切り捨てて、整理して、解消されることなく、鬱屈して残っていた気がします。

それを思い出させて、そしてフィクションの中では希望を持たせてくれた。

ずっと会いたかった映画でした。(劇中っぽい表現)

脚本も…ある意味のお手本になるぐらいよく出来ていて。起承転結の中に必要な盛り上がりや疾走感と緩急が綺麗にあって、素直に感情をもって行ける感じ。

終盤は何度も秒速5センチメートルの、あの、あのシーンが!って感じで、胸が締め付けられ、新海誠に弄ばれた感じが最高でしたね。言の葉の庭からのアレとか、ドSだな監督!と。いや、良かったです。

100億円超えたんですか。凄いっすね。凄すぎてあんまりよくわかんないですね凄さが。

RADWIMPSを初めて知ったのはセツナレンサの時だったのですが、今ここにきてこういう風になるんだという驚き。それから劇判曲の良さに、彼らと野田洋次郎の歩いてきた道みたいなものを感じ取ったりして、そういう意味でも楽しかったです。曲はRADっぽくはなかったのかもしれないけど、好きでした。

そのRADの使い方は、好きな映画「青い春」のTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT風で、また青い春を見たくなったりしちゃったりして(何度目の青い春の鑑賞に進むのだった)。

次回作、怖いようで楽しみだな。監督は好きに作っていただけたらと思います。

タイトルはありきたりだけどグッときたシーン。

 

映画『ジャングル・ブック』試写へ。新しい時代が始まった

f:id:sbkma:20160805231915j:plain

当たったので行ってきました。

どっからなにに手を付けて感想をしたらいいのか、迷ってるのでとりあえず見ていた時の心境を。

 

「子供向け映画なのかなー。あー少年以外全編CGか。嘘っぽさでるんだろうな」

「これ3Dの試写か…普段眼鏡かけないから首こるんだよな…」

「お、キャストのコメント映像だ。なるほどーこんな人が……」

伊勢谷友介が私に笑いかけてくる…私殺されるのかな…」

「小学生にも満たないタラちゃん声のちっちゃい子もいる。そういえば世代バラバラだな。まぁ試写会だもんな」

「あ、タラちゃん声の子、スタッフの司会に絡んでる。これは上映中危険かもしれない。でも会場の一笑いありがとう」

上映開始

「え、ちょっと。眼鏡装着アナウンスして!はじまった!」

「あれ…クオリティめちゃくちゃ低くない?」

「いやいやいや、これはなんでも…CGってほんとまだまだだな」

「……いやでも、時々凄い綺麗だな……あれ?」

「眼鏡壊れとるやないかい!!!!!!」

会場外へダッシュ。交換。

「あああめちゃくちゃ綺麗だ!!!なんだこれ!?なんだこれ!!!??」

「え、CG!?うそ、うそでしょ。これCGなの!?ありえない!」

モーグリ(少年)可愛いいい!あぶないい!怪我する!!大丈夫!?大丈夫なんだね!?」

「あーオオカミ…オオカミ萌え…ハリネズミ萌え……黒ひょう…綺麗だよ…」

「この茂み走るのは実写だよね?え、CGなの?そんな馬鹿な…」

モーグリ身体能力高すぎるけど、やっぱりほぼCGでできてるんじゃないだろうか。目が可愛すぎる…アニメみたい…」

「ぎゃああ蛇に襲われるー!舌が飛び出してくるー!こわいいいい!(3D眼鏡を思わず外す)」

「バルー(クマ)!!もっっふもっふ!!!!!!もっふもふ!!!!

「愉快な曲はじまったー!なにこれ、ちょー可愛い!水綺麗!」

「ああ!あああ!おおおおお!!?うっわーもうちょっとびっくりさせないで!」

「ああ…あああ…モーグリが!」

「猿猿猿猿猿!猿!猿が!ドーン!心臓にわるいいいい」

「うわーわー!大変!わーあー!おー!ふぉー!」

「なるほどなあああ!」

「わーエンドロール!エンドロールこれ知ってる曲!ていうか楽しい!なにこれ!最高じゃん!」

終了後「おもしろかった…けど…なんかすごかった…」

帰宅後「すごい…なんかすごいもん見た…」

現在「あれはCGでは無かった…本物だった…本物が歌って飛んで…なにが現実…?」

 

はんぱない衝撃を受けてます。
予告からは感じられないかもしれないけど、可愛い可愛い映画です。しっかし大迫力。ストーリもしっかりと。全世代に薦めることはできるけど、ちっちゃい子とかビックリして(リアルな動物がガチで襲ってくる)泣いちゃうかもよ。正直「わっ」とか言いながらビクビクしながら見てたよ、大人も。…あ、でもタラちゃん声の子は静かに最後まで見てらっしゃったようで。感想聞きたかったです。

一つのアトラクションに参加している気分かな…。これぞ3Dの魅力かもしれない。4Dで見るとどうなるんだろう。英語でもう一度見たい。

しかしこんなの見せつけられると、もうスタジオだけで映画が撮れることが分かりますね。だってそこには本物の世界があったんだもの…。

この衝撃、はやく共有したいです。一人で騒いでるの寂しくなってきた。

www.youtube.com

 

西田探偵局局長のバルーも可愛かったです。